BLOG&NEWS

TRUE COLOR WEDDINGでは
「邸宅ウェディング」にこだわり
プロデュースさせていただいております。

今日はその理由に関して
改めてお伝えしたいと思います。

邸宅ウェディングを始めた
理由・きっかけ
は、いくつかあるのですが

そのうちの1つが

「プライベート感」

をお届けするためです。

これは結婚式の最中もそうですが
その前後に行うロケーション撮影でのことを
意味しています。

{C897A7A1-8C88-4FFB-9C01-2CD9C6FE7450}
ハワイで結婚式を挙げる上で

ビーチや街中での
「ロケーション撮影」

を希望している方はほとんどだと思います。
{FE9EC89D-C500-4192-A9DE-BECA2C830BC6}

ですが
一般的に行われている撮影の、その「環境」が
僕の中ではどうしても気になってしまったので
プライベート感に拘り、邸宅ウェディングを始めた
きっかけの1つとなりました。

以前も少しお伝えしたことがあるのですが
その一般的な環境というのが

10m間隔に数組のカップルが並んで撮影している環境。

周りには観光客だらけの中での撮影。

これがどうしても僕の中では
違和感を感じてしまいました。
{704D6512-9B3F-4958-82B3-739CAB290D24}
今は編集技術が凄いので
写り込んだ一般の方や他の新郎新婦様を
消す加工をしてデータを納品してくれるところも
多いようです。

なので、出来あがった写真は
きっとビーチにはお二人だけの素敵な写真に
なると思います。

それはそれで
そこまでやってくれるカメラマンや写真屋さんは
素晴らしいと思いますし
最終的に残るものが気にならなければ
これほど良いことは無いと思います。

ただ、残る写真は完璧だったとしても
僕の中では

周りに他の新郎新婦がいること

一般の観光客がいる中での撮影

その撮影をしている「環境」が
どうしても気になってしまいました。

{79563B5D-8A2C-46FB-8829-97A4CCA9DD74}

 

そこまで気になってしまうのは
きっと日本の結婚式場で10年以上働いていたことが
関係していると思っています。

僕はいくつかの「ゲストハウス」といわれる
スタイルの結婚式場で10年働いておりました。

合計4つのゲストハウスで働き
そのうち2つは新規出店のオープニングの立ち上げから
行いました。

その全ての会場で念頭にあったのは

「貸切感・プライベート感」

だったのです。

絶対に一瞬でも

他の新郎新婦と会うことが無いように

ゲストに見られないように

そのことを
インカムを使いながら秒単位で
お二人やゲストの方にご移動いただくご案内や
導線の確保、オペレーションを全スタッフで行なってきましたので

「お二人しかいない」

この環境が当たり前になっていました。

{CADE24CB-B6BD-41C7-B610-1556CDB94279}

そのため、ハワイでのウェディングでも
その環境が当たり前だと思っているので
一般的なロケーション撮影での環境が
気になってしまうのだと思います。

「◯◯だから仕方ない」

この言葉を使わざるをえない状況はあると思います。

この記事の内容で言えば

「ハワイだから仕方ない」

になると思うのですが

僕の中で、この「◯◯だから仕方ない」
という言葉を使うときは

考えられる限りの全ての手段や方法を試して
どうやっても現実的に絶対に無理

となった場合に使う言葉だと思っております。

そのため

「ハワイだから他のカップルがいる中での撮影は仕方ない」

「ハワイだから観光客が写り込んでも仕方ない」

とはならず

「どうにかお二人だけのプライベートの環境の中で撮影する方法は無いのだろうか?」
という考えが先に来て、その答えがあったので
仕方ないには、なりませんでした。

そしてその答えが

「邸宅ウェディング」

だったのです。
{8DE18462-6D73-459B-AF8B-FCFAA2A9C8B8}
邸宅には他のカップルはもちろん
一般の方はもちろんいません。

お二人だけの空間です。

何も気にするものは無い中での
ロケーション撮影が行えます。

この「プライベート感がある環境」
をお届けしたかったことが
邸宅ウェディングにこだわっている理由の1つになります。

以前お会いしたお客様から
「ハワイには昔から何度も行っていて、結婚式を挙げるならハワイで挙げたいと思っていたけど、いつ行ってもたくさんのカップルがビーチで撮影している風景を見ていて、あの中で撮影はしたく無いと思っていたんです。だから諦めようかと思っていたんですが、これなら理想通りです!」

そう仰ってくださった方がいらっしゃいました。

まさにそんな風にお考えの方には
ピッタリだと思っています。

周りには誰もいない
プライベート感の中でのロケーション撮影を
ご希望の方は是非ご検討ください。

{E4E92724-4857-4FAD-BFB7-AAD2AABFC1EC}

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA